LianTronicsとKONKAは戦略的パートナーシップを締結しました

2019-10-15 387

2019年12月17日、LiantronicsはMiniおよびMicro LEDソリューションの商業化を加速することを目指し、合弁会社を設立するためにKONKAと戦略的協力フレームワーク契約を締結しました。 この合弁会社は1億人民元(1430万米ドル)の投資を計画しており、そのうちKONKAとLiantronicsがそれぞれ40%の株式を保有し、残りの株式はコアマネジメントチームが保有します。 この合弁事業は、今後5年間(2021〜 2025年)に10億米ドルを超える売上高を獲得すると予想されています。

次世代 のディスプレイ市場を先取りするチャンスを掴んだ


完璧な大型ディスプレイを求め続けた今、従来のディスプレイ技術はもはや将来の開発のニーズを満たすことができなくなります。 ミニLEDとマイクロLEDは、従来のLED、LCD、OLEDと比較して、高コントラスト、低遅延、低エネルギー消費、広い視野角、高解像度で優れたディスプレイパフォーマンスを発揮し、新世代のディスプレイ技術として知られ、 未来の産業と呼ばれます。 近年、Apple、Samsung、LG、Sony、BOEなどの大手会社がミニLEDとマイクロLEDに注目され、ミニLEDとマイクロLEDの市場を積極的に開拓してきました。 ミニLEDとマイクロLEDの未来は希望に満ちていることは間違いありません。


ミニおよびマイクロLEDの先手を取るめに、Liantronicsは断固としてミニ、 マイクロの研究開発に投資し、市場に追いつくためにあらゆる機会をつかみます。 国営企業のコンカとの提携は、は、LianTroncisがテクノロジーの利点を補完し、次世代のディスプレイ市場を先取りする絶好の機会です。


KONKAはLianTronicsと強力なアライアンスを組んでいて、ウィン・ウィン・パートナーシップはミニおよびマイクロLEDの商業化を加速します。

今年10月、KONKAは、「APHAEA」というブランド名で最初のMicro LED製品を正式にリリースするための製品発売イベントを開催し、重慶康佳研究所の設立を発表しました。そのテクノロジーの実力とミニおよびマイクロLED市場へ展開の決意を世界に示しました。


信頼できるディスプレイソリューションプロバイダーとして、LianTronicsはLED業界で10年以上の経験を積み重ねてきました。その製品、特にファインピッチディスプレイは業界をリードしており、世界的に知られている。 現在、LianTronicsはすでに200か国以上にLED製品を設置しており、政府、公安、軍事、運輸、放送、スポーツ、教育などのさまざまな分野を含む、世界中に30,000件以上のケースをに実施しています。将来、LianTronicsは KONKAと提携し、ミニLEDとマイクロLEDの製品開発、製造、販売に協力し、ディスプレイ産業をますます促進する。

LianTronics