LianTronicsのパノラミックLEDウォールが、今春の「中国ビッグデータバレー」の新ハイランドを印象づけた

2018-11-19 377

LianTronicsの360°パノラマUHD LED大画面は、中国のビッグデータバレーである貴陽市白雲区のビッグデータ指令センターのホールに設置されました。


貴陽は、国家ビッグデータ総合テストサイトの中核地域として、アップル、デル、グーグル、アリババ、テンセント、ファーウェイなど、国内外の有名な大規模データ企業を導入し、「中国のビッグデータバレー」の形成を目指しています。現在、貴陽は中国、さらには世界の「ビッグデータ」都市として、活況を呈しています。貴陽市の中央に位置する白雲区は、中国最大級のアルミニウム産業基地です。最近、LianTronicsの360度パノラマLEDディスプレイシステムは、貴陽市白雲区のビッグデータ指令センターで稼働しており、「ビッグデータ」管理の将来の発展のために強固な基盤を築き、「中国のビッグデータバレー」の台頭を促進するために積極的な役割を果たしています。

白雲区のビッグデータコマンドセンターは、公安、コミュニティ、町、都市管理部門の監視情報を統合し、区内の生態環境、都市の外観、交通秩序、総合的な公安などの業務を統一的に出動・指揮するためのプラットフォームです。LianTronics社のUHD LED大画面は、高い信頼性を持ってコマンドセンターのホールに設置され、400㎡のLEDスクリーンの解像度は33600×1824ピクセルポイントです。壮大な6128万画素と360°精密なパノラマスプライシングは、LEDディスプレイシステムの最先端の機能と性能レベルを達成しています。

このコマンドセンターは、公安、交通、都市管理、環境保護、電力供給などの分野で重要な役割を果たしています。LianTronicsは、LEDディスプレイの分野での主導的な地位とシニアの専門的な経験により、厳しい審査基準と評価の層の下で際立っています。最終的にLianTronicsは、プロジェクトチームとコマンドセンターの特別なニーズに応じたソリューションを提供することで、プロジェクトを成功に導きました。


第一に、360°パノラマスクリーンの大面積により、全く新しい視覚体験をもたらします。第二に、複数の信号入力に対応しているため、マルチスクリーン連動のコミュニケーション機能のニーズを満たすことができます。そして、異なるインターフェースをリアルタイムで切り替えることができます。第三に、UHD解像度と安定した動作の放送制御システムは、各部門の特定のデータ、ビデオ監視やその他の情報を正確かつタイムリーに指揮官に提供することができます。最後に、この大画面は、コントラスト比を大幅に向上させることができる第3世代のインテリジェント電子噴霧技術と、産業用クロマおよびカラーキャリブレーション技術を採用しています。インテリジェントな輝度調整により、長時間の視聴でも疲れません。


中国のデジタル産業の継続的な発展に伴い、「ビッグデータ」インテリジェンスは確かに都市統治システムを促進し、LianTronicsはLED専門技術の躍進と革新に焦点を当てる開発機会を把握します。

LianTronics