LianTronics成都裸眼3DスクリーンはTwitterで大歓迎を迎えています。

2020-10-15 379

LianTronicsの巨大な曲面LED壁は素晴らしい裸眼3D船の効果を示し、成都で数百万の注目を集めました。当時に中国の国慶節期間中にweboで中国Twitter5上位話題になりました。



星の間を飛行しているような3 D船がLEDの壁から飛び出してきて、回転しすぎました。3 D特効ビデオの壁があまりにも素晴らしいので、通行人は思わず携帯を取り出して素晴らしい瞬間を記録しました。



L字型に湾曲したLianTronicsのLEDウォールは、国内外のストリートスナップで有名な中国のSNS映えするショッピングコンプレックス「Sino-Ocean Taikoo Li Chengdu」に設置されています。迎嘉ビルのファサードを覆うように設置された巨大なLEDウォールは、春熙路という交差点に面しており、反対側は3Dメガネなしでショーを楽しむことができる完璧な視野角となっています。


国慶節の8日間の大型連休を前に、LianTronicsで3 D船のLED壁を作って全国の千万人の観光客を迎えました。特に中国の観光産業がだんだん回復する背景において、このLED壁は公衆前に展示するチャンスを創造になりました。


この面積およそ912.92平方メートルの巨大なLED壁はLianTronicsのP8LEDディスプレイで組み立てられています。特許のジグザグパターンカバーを採用して、効果的に拡散して太陽光反射ができ、より豊かな色を呈しています。全防水モジュールは紫外線対策で、変形を避け、長時間安定で屋外放送です。また、高コントラスト、リフレッシュ率、超均一なカラープレゼンテーションなどが、より良い方法で新鮮で自然な画像を表現するのに役立ちます。


LianTronicsの項目マネージャー王涛は「実は、卓越な表示効果を達成するために、壁を2回組み立てました。」と話しました。「私たちはスクリーンを分解して、壁の構造を再設計し、ディスプレイを再現し、再びLED壁を設置して、コーナーの曲率を縮小します。これは完成品の壁により多くの立体感をもたらすことに役立ちます。新たに設計したコーナーオーダーメイドモジュールはシームレスにつなぎ合わせて、流暢なマルチキャスト移行を実現できます。

不思議な立方体の3 D視覚効果も今年5月の有名な事例のサムスンWave LED壁に対する評論を誘発しました。「私たちもびっくりしました。この芸術品はサムスンのWaveと似ているように見えますが、ご存知のように、巨大なLED壁プロジェクトは入札から工事まで少なくとも半年かかります。この二つのケースの類似性はこちらは世界トップレベルに達したことを示しています。驚くべき可視化解決策を提供することができます。」と言いました。

LianTronics