8年後に深センの富の建物は再びliantronics 800sqm ledビデオウォールで改装されました

2022-04-12 12

最近、深セン福楼は約800㎡(約100㎡)の改修工事を完了した。高輝度屋外ledビデオウォール。深センの福田cbd地区のコアエリアに位置するように、建物のデジタルビデオウォールは、本質的に大きな商業的価値を持つ2014年に生まれました。優れた品質とサービスにより、8年後、liantronicsはこの超高層ビルのアップグレードプロジェクトのサプライヤーとして再び選ばれました。



Adjacent to Shenzhen Convention & Exhibition Center, Fortune Building stands in the intersection of Jintian Road and Fuhua Third Road, heart of Futian CBD, in close proximity to the world-class top five-star hotels, luxury brand flagship stores, and the most premium office buildings. Early back in 2014, the nearly 800-square-metre LED表示「 」は、地理的に優れた立地と、ライトアップされた瞬間から目を引くような表示効果を持つ大きなサイズでメディアから高く評価されました。


深セン市の急速な成長に伴い、cbd周辺のoohデバイスは、場所の経済的価値が増加したため、次々とアップグレードされています。したがって、近代化された周辺環境とその価値に合わせるために、デジタルウォールの改修が求められています。


より広い放送範囲を保証するために、the 新しいooh ledウォール は、元の三面構造を維持しています。ip65超高耐候性パネル 超高安定で長時間走行を可能にします。liantronics特許取得の反射防止マスクは、太陽光の反射を効果的に拡散し、さらに鮮明な画像提示のためのコントラスト比を改善します。超高輝度は、昼と夜の広告や公共通信に優しいです。 



設立以来、liantronicsは、高精度キャビネット、マスク、バックシェル、ケーブルなどのコアコンポーネントのオリジナル生産に常にこだわり、製造プロセスの最初から品質管理を改善してきました。liantronicsはまた、サービスの面で精力的に設立されています world-serviceネットワーク(翻訳:nob takahashi / facebook)エンジニアチームは、顧客体験を向上させる。クラス最高の製品品質とサービスのおかげで、liantronicsは多くの顧客にとって強力な競合他社の中で最高の選択肢となっています。このプロジェクトでは、深圳fortune buildingのデジタルoohウォールの改修にliantronicsが再び選ばれたことが証明されています。


製品とサービスの改善に常に重点を置いて、liantronicsは継続的に調査、発見し、新しい市場の要求と価値に応え、お客様が最高のものしか得られないようにします。


LianTronics